理学療法士、国試対策①。模試120点が全国上位5%を取った勉強法。




こんばんは!

今回は、【本番半年前の模試、全国順位で下から10%に入ってた男が本番で全国上位5%に入った勉強法①】ということでお話しさせていただきたいと思います。

まず言いますが、国試は「過去問やっておけば大丈夫だよ。」というものではないです。

そういう人多いですが、本当に落ちる人は落ちます。断言します。勉強の中身が大切なんです。

この勉強法はPTの国家試験のことですが、他の勉強にも必ず生かせる内容となっています!

他のサイトなどで謳っている「これをやれば成績が絶対上がる!秘密の勉強法!」みたいな変なサイトに騙されるよりこっちをみてほしいので。

スポンサーリンク




国家試験(国試)は楽して受かれると思うな。

まずちゃんと言っておきます。

「これさえすれば得点が信じられないくらい一気に上がる!」

みたいな裏技とかではありません。というかそんなものありません。

 

【しっかり勉強をすることには変わりない】のでよろしくお願い致します。

あとは、私の勉強時間が他の人の何倍もあったわけではありません。平均すると1日8時間ほどだったと思います。

大学に入るための予備校時代は1日13~15時間の勉強を1年間続けてましたから、それと比べれば全然多くないです笑

※もしも、8時間という時間で「勉強時間多いよ。」という人いたら考え直してください。

この記事は絶対役に立つと思いますが、勉強時間少なくても良いとは思いませんので。それは僕からしたら甘いです。

実際は、模試の結果なども踏まえて自分自身の成長を感じることが出来ていました。毎回の模試で必ず点数が上がっていきましたし、やり直す問題の数が少なくなっていくのも実感していました!

そうして行った第52回の理学療法士国家試験。

私の実際の本番の点数写真がこちらです。

f:id:kenkoureha:20180105180223j:plain合計合わせて241点でした。241/280なので、割合で言ったら85〜86%くらいですね。

半年前は120点でした。

私自身は、大学では留年に1番近い存在だと言われていました。冗談抜きで他の人にもバカにされるくらい成績はかなり低かったです😱

本番は、今までバカにしてきた奴らほぼ全員の点数は抜きました。まあみんな受かってたから良いんですけど!

大切なことは【やった気になる】のではなく【ちゃんとやる】こと。これに尽きます。

やった気になっている人の特徴として、こんな感じのことがよく起こります⬇︎

「あー、この問題一回やったんだけどなー。なんだったっけなー思い出せない!やったんだよ?昨日やったんだけど、、、」

あなたは当てはまっていませんか?

これは、【勉強する時間を作ることで満足している人が多い】からではないかと思っています。

あとは、6割とるつもりで勉強してる人も危険です。そんな低いところ目標にしてたら受かるものも受からないです。

※あと、あなたが資格を取れるように親は何百万円と払っているんです。私立なら尚更です。

あなたの夢のために、両親はとてつもない額のお金を出してくれているという自覚がありますか?

親を大切にしてください。自分だけではいきていけません。

自分のためだけではなく、人のため家族のためでもあります。頭の片隅に入れておきましょう。

ちなみに僕は予備校の頃から自覚ありました、予備校で遊んでる奴多かったので😭

国試の最終目標は合格かもですが、気持ちは満点取るつもりでやりましょう!

私が国家試験(国試)のために意識した勉強法

私が意識して行ったのは、大きくは以下の5つです。

  1. 休憩したいときは無理して勉強せず休む。
  2.  付箋をたくさん貼らない。
  3. その日の夜と次の日の朝に必ず復習をする。
  4. 机の上だけで勉強しない。
  5. 過去問のクエスチョンバンク(クエバン)を繰り返しやる。ただやるだけでは意味なし。

これらは無闇に詰め込むというよりは、効率を重視したやり方になっています!

一つ一つ説明させていただきますね😊

休憩したいときは無理して勉強せず休む。

結構いませんか?睡眠時間削って勉強してて、眠そうに頭コクコクと落ちながら勉強している人。

これはあんまり効果がないです。寝ずに勉強をしている人も同じですね😱

ご飯に例えると、朝や昼ご飯を一切食べないで深夜に全て食べ切ろうとしているのと同じです。それでは効率悪いですよね。

無理せず休むということは、簡単に言えば休憩や息抜きを自分のペースで挟みながら勉強する】ということです(*^^*)

脳の集中力は【15分ほど】と言われたり【90分ほど】と言われたり諸説あります。

これにはかなり個人差があると思いますし「休憩時間は〇〇分がベスト!」というのは絶対が無いし言えないと思います。

自分で「集中できていないな」と思うときはこうしていました⬇︎

  • 他のことを行う(私の場合はバドミントンやランニング)。
  • 休憩する(仮眠も良いと言われています)。
  • 勉強する科目を変える。

がとっても良かったです!あ、休憩って言っても何時間も長くなりすぎないようにね!

【勉強する科目を変える】と言うのは私自身が予備校時代に行っていたことですが、やはり気分転換にはなりました💡

しかし、休憩も取らずにずーーーっと勉強していると、復習には手が回らないことが多かったので休みは取ってくださいね。

付箋をたくさん貼らない、張りすぎ注意。

これも大切です!効率を上げるためには、付箋をあちらこちらに貼るのは絶対にオススメしません。

分からないところにあちらこちら貼っている人をよく見かけますが、勉強やった気になることがものすごく多いと思います。

置いてある問題集や国試対策本に付箋が沢山ついてたら、たくさん勉強しているように見えませんか?

しかし大事なのはそこではありません。

【テストに受かること、国試に合格すること、結果を出すこと】こそが目的ですよね。

《みんなに勉強やってるように見られる。》

これはあなたの【願望】ではあるかもしれませんが【目的】ではないはず。

真の目的は「国試に受かること。そしてそれは通過点でありPTとして患者さんを救うこと。」

なので、付箋を貼るよりは【分からなかった問題を夜復習するためのノートに書きだしておく】方が良いと私は思います😊

私はこのやり方で、夜の復習時間が1〜2時間くらいになりましたがコレはやってみると分かります。効果バツグンですよ!

付箋を貼るなと言っているのではありません。

「むやみやたらと貼ることが良くないのでは?」と言いたいのです。

これをすると自分が勉強をやった気になります。

これは本当に「気」だけです。

復習してみてください。昨日覚えたと思っているところを完璧に答えられますか?

答えられないとしたらこれ、マジで身になってないです。あなたの大切な時間を無駄にはしないで欲しいです。

1日で貼ってある付箋が全て終わるわけではないですし、少しずつ出来る問題・知識を増やしていくことが学力アップに必要だと考えています。

超重要な「復習」についての続きはこちら。

※番外編はこちら(この記事には合わないかもですが)➡︎PTがあなたの人生ではない。

コメント