2種の源泉掛け流し、3種浴槽【渋御殿湯】。床下湧出はマニアにたまらん。




季節は夏の8月下旬。

埼玉は物凄く暑い。暑すぎる。笑

湿度が高すぎます、部屋の中でも50-60度が常時。

源泉掛け流しの温泉が大好きな私は「こんなに暑いし、鉱泉やぬるめの温泉があるところに行きたいなー。」と思い、そのまま行動。

調べて行き着いたのが、長野県の蓼科地方😊

長野は地元なのでよく知っていますが、蓼科というのは中々来ないものでして。市町村では茅野市にあたります、そして蓼科はリゾート地で有名です(^^)!

しかし、今回行く渋御殿湯はリゾートなんてところでは無いです。

山奥です。スーパー山奥。

もうほんとうに奥の中の奥。笑

落石注意、鹿に注意といった看板も至る所にありました💦

結構デコボコした山道を20分ほど登っていくと着きます!

最後のコンビニが【セブンイレブン茅野堀店】ですので是非知っておくと良いですよ😊

そこから13km、山道を登っていきます!

冬はとても寒くて簡単には行けないと思うので、狙い目としては夏かなと思います。

温泉もぬるめの鉱泉という感じですし、冬はとてつもなく寒い🥶

バスも出ていますし、冬でもいけるんですがね。

山奥だから心配だと言うあなた、途中からは迷わないと思います。1本道しかなく、御殿湯を通りすぎるということは無いので!

来る途中には、有名な御射鹿池がありますよ😊ちゃんと広い駐車場もあります。

車が停まってるのが駐車場。右に池があります。

写真はこちら⬇︎

水面がとても綺麗で、映る木々や紅葉が反転して見えることでコマーシャルにも使われるような写真スポットですね💡

夏の木々はこのように写ります(iPhone 8撮影)

御射鹿池を通り過ぎてからは、5分ちょっとで到着します!

スポンサーリンク




八ヶ岳、天狗岳登山口の秘湯 【渋御殿湯】

住所:〒391-0212 長野県茅野市北山5520番地3

【天下の霊湯】横には清流が流れる。

本当に秘湯って言葉がすごく合います。山奥に佇み、他のお店などは一切ありません。

館内はとっても広く、登山客の入山下山の為の宿泊として多く使われている旅館です!登山客が多いです。

今回は2名、一泊二食付きでのプランに致しました。料金は8640円。

食事なしの素泊まりが1番安くて、それだと税込5400円です!(安い)

8640円も、温泉の泉質や二食付きのことなど考えると激安だと思います💡

ここの温泉は、日帰りも可能です。

ただし、日帰りだと床下湧き出しの方が利用できないんですよね😭

部屋も込みで休憩2000円と言うのもあったので、宿泊しなくても2種類の源泉には入れる方法はございます!

※東館と本館で料金が異なっています、東館の方が安いです

ホームページをご確認下さい。

◯渋御殿湯ホームページ⬇︎

料金表 渋御殿湯
宿泊料金表。

奥蓼科温泉【渋御殿湯】入り口

入り口はこんな感じで、「天下の霊湯」というキャッチフレーズがありました!

渋御殿湯、入り口。

8月下旬でしたが、この日の気温は15時頃で17度でした。

ここに来る前にある、【渋辰野館】は「信玄の薬湯」と呼ばれていますが、泉質的には変わらないと思います!

ホームページを見ると、このように記されていますね😊⬇︎

渋御殿湯は、武田信玄の昔から多大の傷病兵を治療した名湯として知られ、昭和28年発掘の新湯「渋長寿湯」は泡立ちのする特殊噴泉で、入浴の快さは他に比の類なきものと記されています。

渋御殿湯ホームページより

床下湧き出しの温泉は全国にも数える程しかありません!

普通の源泉掛け流しとは違い、空気中に触れずに注ぎ込まれる為、成分が劣化せず1番新鮮な状態で効能を得られると言うのが1番の良さですね😊!

これまで、床下湧き出しは入ったことが無いので、楽しみで仕方ないです。

そして、床下湧出のある東の湯(入り口入って右の方)は、日帰り利用はできず宿泊者や休憩者専用とのこと。

以下に東西の湯どちらも記載してますが、温泉大好きな人にとっては西だけだと物足りないかも、、、笑

さあ、では入りましょう!

秘湯。掛け流し温泉3種類!(東の湯)

浴槽に入る前から硫黄の匂いが凄いです。

p.h2.7の酸性泉で、分類としては「硫黄泉」に入ります。

ちなみにph2.7だとかなり酸性が強いです。刺激は強いので、入浴・飲泉する際は少しずつが良いです。

家族と、赤ちゃんと、おじいちゃんおばあちゃんと旅行に行くなら刺激の少ない単純温泉!

青白い温泉の色と鼻をつくほどの硫黄の匂いが「あぁ〜、温泉に来たわ〜」ってさせてくれますね。笑

浴槽はこんな感じ。

左が床下湧出。

泉質が凄い。

本当に凄すぎる。

浴槽が3つあるんですが、2種類の源泉を使用しています(なんと贅沢)。

床下湧き出しのモノが【渋長寿湯】という名前で、後の2つは【渋御殿湯】の源泉です!

脱衣所に丁寧に説明書きがありました!

1番右奥が、25度くらいの源泉掛け流し。

左の浴槽が、31度くらいの床下湧出掛け流し。

床下から湧き出す効能高い源泉。

1番右手前が、25度の源泉を加温した40度ほどの温泉。

入るとより一層硫黄の匂いがグッと鼻をさす強さがあって、温泉旅館に来た感覚をこれでもかと感じさせます。

床下湧き出しの湯は31度前後。熱くもなく冷たくもない温水プールのような温度です。

不感温度と呼ばれる温度ですね😊

いやー、本当に最高です。

温泉マニアには超がつくほどオススメです!

硫黄の香りと青白く色づいた湯。外の喧騒など一切ない静かな空間。木組みの浴室も相まって、本当に心が落ち着きます。

あと、体に良いと言えば“飲泉”!

温泉を飲むことですね。海外では主流の飲泉、もちろんしてきましたよ(^^)

床下湧き出しではない右奥の25度の源泉(渋御殿湯)を飲むことができます!(ちゃんとコップも置いてありました。)

全体の木作りも、風情があって良いですね。

飲泉した感じは、飲んだ感じは硫黄のエグ味が最初に喉に感じます。しかし、そのあとは不思議とスッキリとした酸味だけが口の中に残るんです。

飲みごたえはありますが、とっても美味しい鉱泉でした。白骨温泉(エグ味えぐい)や伊香保温泉(鉄の味パラダイス)よりはるかに美味しいですよ!笑

まあ味はそんな関係なくて、マズくても良い経験だし思い出になるから僕はプラスに捉えてますよ!色々な温泉や鉱泉飲むのはとても楽しいんです💡笑

温泉の特徴や効果・効能、飲泉の良さについて⇦はこちら。

浴槽では、岡谷から来ていると言っていたおじさんもいて一緒に話しました。

「この3種類をもう5周してるよ。あっち側にも入れるところはあるけどあれは面白くないな。こっちが良いよ!」

と言っていました😅笑

しかしですね、受付の爺さんは床下湧き出しも無いあっち(西側)しか教えてくれなかった、、、

俺が聞かなければ床下湧出の最高な掛け流し源泉を逃してたかもしれない、、、

じいさん!!!笑

よって、行かれる人は気を付けてくださいね!

先ほども言いましたが、【受付から入って右のほうにあるお風呂が床下湧出の源泉風呂がある方】ですよ!

ちなみに、ここはカランや体を洗う場所はありません!

しかし、床下湧き出しではない方の浴槽にはあります。

そちらは25度の湯と40度の加温された湯はありますので、ちゃんと体を洗いたい人はそちらの方が良いかもですね。

西側の温泉はこちらとなっております⬇︎

石鹸などはあります。しかし温泉メインではありますね。

宿泊者はどちらも入れるので、どうかお間違いなく、、、!

私は両方の浴槽合わせて合計4回(足下湧き出しが3回)入りました笑

食事(夕食

ご飯は鯉のあらいなど、郷土料理も出てきました😊

酢味噌につけていただく鯉のあらい。

鯉を食べるってのはあんまり馴染みがないですよね!

ちなみに、「あらい」とは調理法の1つのようです⬇︎

洗い(洗膾、洗魚 、あらい)とは、主に鮮魚の調理法の一つ。
下ろしたを薄切りにし、流水やぬるま湯で身の脂肪分や臭みを洗い流した後、冷水(氷水)に漬けて身を引き締めてから水気を切って提供する手法。

ウィキペディア

他にも天ぷらやニジマスの塩焼きなども出てきました。

旅館の方の笑顔も素敵でしたので、是非行ってほんわかしてもらいたいなと思います😊

Wi-Fi、ネット回線について。

この温泉をもっと満喫したい!

ただ、ネット回線の問題は山の中だと付きまとうものでした、、、😭

wi-fiも繋がってはいたんですが、途切れ途切れとなって遅い環境になりがち。

WiFiがない宿もありますし、私としてはブログを書いたりしたいし、特にこのような温泉街などがない地だとYouTube観たりもしたい。。

そこでポケットWi-Fiが候補に挙がりました!7GBで3300円なら家で使うのと変わらないし、良いですね!

一人暮らしでそこまでネットを使わない人なら、家でのWi-Fiは繋がなくてもコレで十分かなとも思います😊

だいたい参考までに、7GBがどれくらいかと言うのも書いてくださっているサイトがありましたのでご参考に!

ちなみに、ここの温泉にもWi-Fiは余裕で飛んでいました!かなり広いですね。

まとめ。

簡単に言えば、【人里離れた静かな場所で静かにこもりたい人向け】という印象です。笑

周りは山だらけですし温泉街などはない。虫は夏だったのでいましたが、本当に夜は静かです。

なのでデートというよりは、「閑静な場所で日々の疲れを癒したい」「効果効能の高い新鮮な源泉に入りたい」という方にオススメです(^^)

本当にマニアックな秘湯中の秘湯であり、源泉の成分の良さや新鮮度はピカイチです!

料金的にも安いというのもあるので、僕はまた長野に来たら再訪したいなーと思いました(o^^o)

いやー、本当に良い温泉(鉱泉?)に入れました♨️

「露天風呂とかではなく、鄙びた雰囲気が好き。」

「循環加温加水のお湯よりも源泉掛け流しが好き!」

という温泉マニアのあなた!是非一度行ってみてはいかがでしょうか😊

泉質が良すぎる、この後悔しない掛け流し源泉を味わってきてください(o^^o)

コメント