松本市の源泉掛け流し【浅間温泉、坂本の湯】日帰り可の極上泉質!

こんにちは!

今回は、源泉掛け流し温泉を学生時代から巡っていた私がオススメの温泉をご紹介いたします😊

今回オススメするのはこちらです。

坂本の湯。【内湯】
スポンサーリンク


【坂本の湯(日帰り温泉レポ)】

こちらはペットとも宿泊できる旅館です!
温泉に入れて、なおかつペットとも泊まれる。


犬や猫を飼っている人でも使用できるから良いですね!

開湯1300余年の歴史ある名湯浅間温泉。

湯船から洗い場まで、すべてひのきにこだわり設計した自慢のお風呂で伝統ある上質の湯をお愉しみください。

素直なままにお湯の持つ優しさと温もりを感じていただけますよう、源泉掛け流しにこだわっています。

※坂本の湯ホームページより引用

浅間温泉自体、とても歴史のある温泉街です。

温泉街と言いましても、沢山で店が並んでいるような感じではなく坂道が多いです。昔懐かしい風情のある趣を楽しむ場所かなと思いますね😊

 

坂本の湯の浴室に入るとヒノキの香りがとてもするのは、湯船から洗い場までこだわって作られているからなんですね😊

内湯が1つのお宿ですが、その泉質と新鮮さはバツグンです!

料金は、日帰りは600円で利用可能となっています。

 

浅間温泉の泉質

浅間温泉の泉質は【アルカリ性単純温泉】です!

しかし、ほのかに硫黄の香りがしますので硫黄成分もなかなか含まれています!

※単純温泉は家族旅行にベスト!肌に心に優しい泉質、メリット3選。

この坂本の湯の出入り口付近には【飲泉所】もあります。ほのかに硫黄の香りがする温泉がコップの下あたりから常にチョロチョロと出てます💡


飲泉所はいくつかあります。

下に蛇口があるように、持ち帰りもできる場所となっています!

お金はかかりません。ただ「みんなで使うところなので配慮を持って。」みたいなことは書いてあります。

坂本の湯、浴室

湯口のお湯はこんな感じ。

源泉が出る湯口。

これは源泉を100%そのまま掛け流しをしており、加温や加水は施しておりません。

源泉の温度は46.5度。それをかけ流しておりますので多少熱めかな?

湯船にたまりながらお湯は冷めるので、湯船の温度は体感では40-42度(幅広い!笑)くらいです。

入った瞬間は「少し熱いかな。」という感じですが、我慢して入る程の熱さではありません!

僕自身は熱すぎるお湯は苦手な人ですが、それでも気持ちよく入れますので大丈夫かと思います😊

この温泉はアルカリ性単純泉ですが、お湯の中には【湯の花】が舞っています💡

湯の花というのは“温泉成分が固形成分となって析出したもの”です。

湯の花(ゆのはな)とは、温泉の不溶性成分が析出沈殿したものを指す。

(中略)湯の花には硫黄カルシウムアルミニウム珪素など様々な元素が含まれる。湯の花は源泉の泉質によって成分が異なり、主成分に応じて硫黄華、硫酸塩華、石灰華、珪華などに分類される。

※Wikipediaより引用

湯の華が舞っているというのはお湯が新鮮だという証でもあります😊

循環しまくっているものでは湯の華はあまり無いですね。(循環が悪いと言っているわけではないです、清潔を保つためにも必要な場合もありますし)

私自身は色付きや匂い付きの癖のある温泉が大好きです。

しかし、このような新鮮な温泉に浸かっていると【あぁ、単純温泉も良いなー】と思うのです😊

坂本の湯は、浅間温泉街の中でも一二を争う泉質の良さだと思います!

「ホットプラザ浅間」などは混んでいますが、掛け流しの良い温泉を味わうには不向きかな。

是非、木の香りに包まれながら、この新鮮な温泉に使ってみてください!是非お勧めいたします💡

 

コメント