【硫黄泉】の効能で肌スベスベ!専門家が説明。関東にも沢山ある!




こんにちは。

今日もブログをご覧になっていただき、ありがとうございます。

今日は温泉の中でも個人的に1番温泉らしさを感じる【硫黄泉】について書かせていただきます!😌

「温泉といえばこの香り!」と言う人もいらっしゃるのではないでしょうか♨️

この温泉は“卵の腐ったような香り”とも言われる〔硫黄、硫化水素系〕です!

腐卵臭がするのは、どちらかというと【硫化水素系】の温泉ですね!また、火山や地下のマグマなどの影響が多く、酸性の温泉が多い印象です。

福島の高湯温泉や、渋御殿湯もその典型的なもので、青白く濁った温泉で香りがものすごく強いです💡

渋御殿湯。源泉床下湧き出し。

そして飲泉すると酸っぱいレモンのような味がいたしました。

こちらの温泉も硫黄泉ですが、硫化水素型ではない温泉はまた少し違います。

すごい鮮やかな緑色なんですよね😄

この画像は長野県の上山田温泉ですが、上諏訪などの温泉もこのようなエメラルドグリーンの温泉が多いですね♨️

上山田温泉。硫黄泉。

ものすごい硫黄の香りが強い所もありますが、それが良いと感じるのが温泉好きのサガであります。笑

スポンサーリンク




硫黄泉とは?

定義:温泉水1kg中に総硫黄が2mg以上含まれているもの。

特徴:
この温泉は硫黄型と硫化水素型に分類されます。硫黄の匂いが最大の特徴です!

この温泉は日本では比較的多い泉質です。

中学の理科の実験などで嗅いだあの匂いですね。温泉感がすごいあって、個人的にはとっても好きな温泉です♨️💡

しかし、その後何日間かは硫黄の匂いが取れないことも多々あります笑

私が白骨温泉の【泡の湯】に行った際は、その日に来てた服に匂いがついて(風呂上がりかけ湯はしてないのもあったと思いますが)1週間くらい取れませんでした😅

ニンニク料理を作った後、手にニンニクの匂いがついている、あのイメージです😆笑

全国の温泉:
栃木県・日光湯元温泉、神奈川県・箱根温泉郷の小涌谷温泉、長野県・白骨温泉、戸倉上山田温泉など。

適応症:
浴用 アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症(硫化水素型については、末梢循環障害が加わる)

飲用 耐糖能異常(糖尿病)、高コレステロール血症

乗鞍高原温泉(〒390-1513 長野県松本市安曇4255-1 

TEL 0263-93-2229 / FAX 0263-93-2659)

乗鞍高原温泉【福島屋】

ここの温泉宿はこちら。400円で硫黄のとてつもない香りの温泉に浸かれました😊↓

乗鞍高原温泉 白い天然温泉の宿 旅館 福島屋

硫黄泉は山間の温泉に多い印象があります。火山などの成分が関係しているのでは。海沿いには塩化物泉といってしょっぱい温泉が多いです。(日本1番多い)

塩化物温泉は保温効果が抜群に高いため、湯上りのポカポカが本当にすごく続きます😁(温泉の種類はこちら。)

硫黄泉は2種類に分かれます。【硫黄泉】【硫化水素泉】です!

硫黄泉には解毒作用もあるため、金属・薬物中毒の患者さんにも利用されることがあるそうです!

また、皮膚の角質を柔らかくして溶かす効果もあるのだとか!

なので角化症、慢性湿疹、苔癬(たいせん)や寄生虫の皮膚病にも効果があるとされます。

そのほかにも、慢性皮膚病、慢性関節疾患、慢性関節性リウマチ等にも良いとされております😊💡

※リウマチは腸内細菌の遺伝が関係しているとも言われる為、根本的には内臓や血液を良くしていく必要があると考えます。腸内環境の改善がとっても重要です。

【生活習慣病の湯】とも呼ばれており、血圧を下げたりする効果も期待されています。かなり万能な温泉ですね😊♨️

あと何度も言いますが、温泉に行くにあたって効果を最大限に感じたいのならば飲みましょう!(飲泉可能ならば)

健康や美貌は内臓・内側からです。

ただ、効能が高いということは、それだけ体には負担となります。

注意書きなどに【一回15分程度で、初日は1〜数回にして慣れていって下さい。】などと書かれていることが多いです。

単純温泉は《この記事⬅︎》でも書いたようにお年寄りや赤ちゃんも入れる優しい効能高い温泉なのですが、硫黄泉はそうはいかないようです、、、泣

温泉らしさをとても感じられるため、私自身は旅行先の温泉として選ぶことが多いです😊

ただ、家族旅行であったり「匂いがキツイとこはちょっと、、、」という友達の時は避けます笑

用途によって使い分けながら、温泉を楽しんでいただけたら嬉しいです!!!😁

コメント