ワンオクのEye of the stormライブ(さいたま)が過去最高だった件。




やー、今回のツアーは今までで1番良かった。

どうも、しみずと申します。

今回は、ワンオクの2019年の【Eye of the storm japan tour】埼玉スーパーアリーナに10月20日行ってきた感想を書きたいと思います!

Eye of the storm(台風の目、嵐の中心)

本当に、35xxxvからライブにたくさん行った筆者(渚園はDVD。)。

その筆者が「今回のセトリ最高じゃん!!(号泣)」となった為、喜びや素晴らしさを共有したいと思い書かせていただきます。笑

※この記事にはセトリを載せているため、ネタバレがあります!!!

多分、セットリストを知りたく無い人はこういう記事を調べたりはしないと思っていますが、一応。。。

あとTwitterとかYouTubeコメントで、セトリ言ったりライブで歌った曲が分かるようなものは絶対にやめましょう。

それくらいの気遣いはファンとしてお願いします。

では感想に入っていきたいと思います💡

下にセトリ書いてあります、よろしくお願いします!

もちろん動画を撮るのもダメですし、MCの内容も具体的に覚えているわけではないので、そこはご了承下さいね!

スポンサーリンク




ワンオクツアー、セットリスト

1.Eye of the storm

2.Take me to the top

3.We are

4.Taking Off

5.Re:make

6.Can’t Wait

7.Clock Strikes

8.Head High

9.Grow Old Die Young

10.Change

11.Worst In Me

12.Be the light

13.In The Stars

14.Push Back

15.キミシダイ列車

16.じぶんROCK

17.Giants

18.The Beginning

19.Mighty Long Fall

20.Wasted Nights

アンコール

21.Stand Out Fit In

22.完全感覚Dreamer

Eye of the storm

このアルバムの名前にもなっている曲で、珍しく歌詞のある一曲目です!

「絶対この曲から始まる!」と勝手に豪語しておりましたので、この時点ではそこまで驚きはしませんでしたね。笑

この曲好きなんです。

最後の方の[in the eye of the stor~~~~m(揺れるところ)]とかライブで聴いたら、

俺「きたーーー!!!始まるぞぉ〜〜〜!!!うおー!!!」ってなると思ってたんです。

見事になりました。

多分お客さんみんな思ったんじゃ無いかな。

あとは、演出がどんどんオシャレになってきているなーと。

3Dのホログラム?ってのでtakaの顔がデカく映り出して、そこから曲開始。

誰もが想像していなかったライブの幕開け方だったと思います。。。

Take me to the top

「デーデレレデレレ」というToruのギターの音が鳴り、Takaが「さいたま準備はいいか!」と叫ぶ。

私も他のファンも叫ぶ。

「いえーい!!!!うおーー!!!よっしゃーー!!!」

サビの「おーおーおーおーー!」をみんなで歌い、間奏の「おい!おい!おい!」も叫ぶ。

まさかこの曲がライブの口火を切るとは思ってもいなかった。。。最高。。。

35xxxvの時はfight the nightでの綺麗な始まり方だったもんなー、、、この時点でテンションは上がりまくりです。

We are

「ええーー!?ここで!?」

誰もが思ったであろうこの曲が序盤で登場。

18祭(フェス)のために作られたこの曲。これ18歳じゃなくても心に響くものがあります。

「(中略)鏡に映った僕が問いかける。自分を誤魔化し、生きることに意味はあるか。」

自分のやりたいことを隠していないか。子供の頃には自然に挑戦していたことが、大人になるに従って「これは無理だろう」と無意識に決め付けてないか。

自分のやりたい事に嘘をつかず、人に左右されず夢に向かって突き進む彼らだからこそ、心に響くモノになっているんでしょう。

この曲は何かライブ終盤にやる感じのイメージなんですよね。nobody’s homeとかthe same as…みたいな。

とはいえ本当に素敵な曲です。キーが高くて歌いにくいところはありますが笑

Taking Off

イントロにて、Taka「埼玉の皆さんようこそ!今日はアルバム出してから七ヶ月も待たせた僕らのライブです。思う存分楽しんでいってくださいよろしくお願いします!!!」

こちらライブの定番になりつつある曲。ロックっぽさはなく、新しいワンオクの曲ですね💡

今のところ渚園のライブからほとんどの日本でのライブでやってるんじゃないかな?オーケストラではやってないけど、、、

映画[ミュージアム]の主題歌ですね。

みんなジャンプしてました、なんか海外のライブって感じ。

Re:make

Taka「you take me back〜」

おれ「ええ!??うおあ!!ええ!!きたーー!!!!うわーまじかよ!!!ええ!!?本当に?(号泣)」

※本当に泣きました。というか最早イントロ思い出しただけで今泣けます。(変な人)

これは本当に1番好きな曲で。結構昔なんだけどね。

35xxxvからライブに行ってた僕もまだライブで一回も聴いてなかった曲でした。(渚園は行けてない)

1.最初の手拍子。

2.「another day,another way」のway部分。

3.最後の「I can’t believe in you wow」のwow部分。

もう完璧です。ぬかりありません。

泣きながら声出しました。

もう本当に言葉に出来ないくらい嬉しくて。というかこの時点で声枯れてあんまり声が出ませんでした。笑

Can’t Wait

今回のアルバムの、日本バージョンにしか入っていない曲です。

「you say it’s forever, I’m sorry I gonna let go.」

「俺は待っていられないんだよ、先に行くぞ。ごめんな。」って感じの歌詞で、ワンオクから日本のファンに向けたメッセージのようにも取れる歌詞ですよね。。。

ただ、解散という感じではなく【昔の方が良かったとか言う人もいるかもだけど、俺らは俺のやりたいことを突っ走るから待てないよ。】って感じに聴こえます!

Clock Strikes

「25秒」

何の数字でしょうか!?

今回のロングトーンの秒数です。最長最高です。

ambitionsのライブの時も凄まじいロングトーンでしたが、その秒数を超えてきました、、、!本当に凄かった、、、

mighty long fallの浜スタライブ、35xxxvのロングトーンの2.5倍あります。

もうこれが衝撃すぎて会場がどよめいていました。

「おー、おー、おー、おー、おー、え?まだ続くの?やばいやばいやばい」(おー、はお客が歌うところ)ってなってました。。。

歌の上手さはもう言わずもがななので分かると思いますが、ライブで見ると迫力がもう本当に凄いです!是非行って確かめて欲しいです!

Head High

ホンダのCM曲として更に世に広まった曲です!

サビやサビ前のファルセット(裏声)が特に綺麗なシャレオツな1曲。

head high=前を向いて。自信を持て、堂々と生きろ。

そんな意味が込められていると思います。ワンオクらしいですよね!

Grow Old Die Young

これもかなり好きです。

Takaの力強い声が前に出ていてインパクトのある1曲になっています。

「だらだら長生きせずにさ、ひたすら成長し続けようぜ!一度きりの人生の時間、無駄にするなよ!」

スーパー意訳ですが、みたいな意味だと捉えております。(直訳すると、「さっさと大人になって早く死んでしまおう。」という意味です。)

今、生きている時間に全力を尽くせ。というメッセージのようにも感じられます。。。

後半もまた書きます!

コメント